まなソフトウェア  
ユーザの声  特定商取引に基づく表示  プライバシーポリシー  運営事業者
ソフト Q&A 登録ユーザ お問合せ 購入方法 コラム リンク
■代筆屋さんPRO 代筆屋さんPROを使ったHTMLの自動作成例

■検索屋さんPRO 検索屋さんPROを使ったHTMLの一括置換例


  実践!代筆屋さんPRO 〜HTML一括作成編〜
■ HTML一括作成 ■
この実践例では、ベースとなるHTMLと商品データから複数のHTMLを一括作成します
【ステップ1】
ホームページ作成ソフト等で作成した、ベースとなるHTMLを用意します
(例) サンプルとして簡単な商品紹介ページを用意しました
▲ページの先頭へ▲
【ステップ2】
代筆屋さんPROを起動します
▲ページの先頭へ▲
【ステップ3】
1.で用意したHTMLをテキストエディタ等で開き、HTMLソースをパターン欄にコピーします
▲ページの先頭へ▲
【ステップ4】
商品データを開きます
(例) 商品データのEXCELブックを開いたところ
▲ページの先頭へ▲
【ステップ5】
商品データを代筆データ欄にコピーします
▲ページの先頭へ▲
【ステップ6】
キーワード登録したい部分を選択状態にします
(例) パターンの中の「商品名」を選択した状態にします
▲ページの先頭へ▲
【ステップ7】
商品名のデータ列の見出しセルを右クリックし、メニューから「キーワード定義」をクリックします
▲ページの先頭へ▲
【ステップ8】
キーワードが登録されます
▲ページの先頭へ▲
【ステップ9】
6〜8の手順を繰り返して、品番・色・価格・送料・見出文・説明文・サイズ・画像ファイルをキーワード定義します
▲ページの先頭へ▲
【ステップ10】
「動作設定」タブの「ファイル出力」を設定します
(例) 「C:\SYOHIN」フォルダに「syohin(行番号).htm」ファイルとして出力する設定にしています
▲ページの先頭へ▲
【ステップ11】
「代筆」タブの「代筆開始」をクリックします
▲ページの先頭へ▲
【ステップ12】
確認メッセージが表示されるので、実行してもよければ「OK」をクリックします
▲ページの先頭へ▲
【ステップ13】
代筆結果が表示されます ※この時点でファイル出力も完了しています
▲ページの先頭へ▲
【ステップ14】
「動作設定」タブから、ファイルの出力先を開いて確認してみます
▲ページの先頭へ▲
【ステップ15】
HTMLが自動で作成されています
▲ページの先頭へ▲
【補足】
・代筆パターン、データ、および各種設定はプロジェクトとして保存が可能です。
・プロジェクト機能を利用すれば、HTMLの変更があった際に代筆パターンに反映して実行するだけでHTMLの再作成が可能です。
▲ページの先頭へ▲
©2003 MANA software All Right Reserved.