まなソフトウェア  
ユーザの声  特定商取引に基づく表示  プライバシーポリシー  運営事業者
ソフト Q&A 登録ユーザ お問合せ 購入方法 コラム リンク
■ソフトウェア一覧 ソフトの概要およびダウンロード

■MUFU2007 パソコン上に散らばった複数ファイルを一括検索

■代筆屋さんPRO 代筆屋さんPROで驚異の激速コーディング!

■検索屋さんPRO 複数ファイル&複数キーの一括置換もできる多機能テキスト検索ツール

■便利屋さん お使いのエディタに機能を追加する感覚で編集を支援します

■印刷屋さん プログラムリストの腰を折らない印刷ができます

■検索屋さんFREE 複数キーも一度に検索できる多機能テキスト検索ツール

■リモこぴ リモコン感覚でキーボード操作可能なクリップボードユーティリティ

■DirExp 深いフォルダもドラッグ&ドロップで簡単に開けます

 DirExp
DirExp ◆フリーウェア
深いフォルダもドラッグ&ドロップで簡単に開けます。ドロップされたファイルやフォルダの一覧テキストを作成する機能も搭載。

Ver3.05 (231KB) をダウンロード
  ■ソフトウェアの特長
・Windowsの「ファイルやフォルダの検索」機能で検索したファイルはファイル名/フォルダ名の一覧で表示されます。ひとつのファイルだけ呼び出したいときにはそれで十分なのですが、検索されたファイルを含む「フォルダ」を表示したい場合、さらに「マイコンピュータ」などから何度もマウスクリックを繰り返さなければなりません。みなさんにはそのような経験はありませんか?(特にプログラマのみなさま…)「DirExp」は「何度もクリック」しなくても検索したファイルをドラッグ&ドロップするだけでOKです。

・また、プログラムのテストをする際に、テストファイル名をフルパスで入力しなければならないとき、深い階層のフォルダにあるファイル名を入力するには、これまた大変な苦労をしますし、入力ミスをすることも少なくありません。「DirExp」は「キーボード入力」しなくても、フルパス名の必要なファイルをドラッグ&ドロップするだけでOKです。

・さらに、「DirExp」には「DirExp」を使って開いたフォルダの履歴を残す機能があり、よく使用するフォルダを「DirExp」を使って開いておくと、次回からは履歴メニューから選択するだけで、そのフォルダを開くことができます。
  ■こんなときにお役に立ちます
・Windowsのファイル検索で見つかったファイルが、深いフォルダにあるとき
・検索したファイルファイルと同じフォルダに存在する別のファイルに用がある
・よく使うフォルダを簡単に開きたいが、フォルダのショートカットは作りたくない
・ファイルやフォルダの一覧テキストを作成したい
  ■ダウンロード後の使用手順
(1)ダウンロードしたファイルを実行すると自己解凍のウィンドウが開きます
(2)画面の説明に従ってファイルを解凍してください
(3)解凍されたファイルの中からDIREXP32.EXEを実行するとソフトが起動します
  ■対応OS
OS 対応状況 OS 対応状況
Windows XP Windows 2000
Windows 98 98/SE その他 未確認
○…動作確認済み、※…動作報告あり、△…動作可能と思われる、×…未対応
  ■フリーウェア仕様
※フリーウェア:無償
▲ページの先頭へ▲
©2003 MANA software All Right Reserved.